UQmobile2回線目の「UQでんきセット割」適用の手続きをしてみた!

MVNO,UQmobile

 UQmobileの2回線目の契約が完了し、無事にSIMが開通した。1回線目は6月に「UQでんき」を契約後、「UQでんきセット割」適用の手続きは済んでいるが、今回契約した2回線目に「UQでんきセット割」適用の手続きを開始するのだ。

「UQでんきセット割」適用には手続きが必須
「UQでんきセット割」の適用条件は3つ!
こちらは最後の最後に申請する

旧プランの人は必ず
現行の「くりこしプラン」へ変更しよう
2回線目や家族契約の人は
「UQ家族割グループ」登録が必須!
UQでんき契約時には
UQmobile料金の合算請求の同意が必須

 実店舗だったら、担当者が最後まで必要事項を聞いてやってくれるので安心なんだが、ネットで申し込んだ人は自力でやらなければならないから面倒なのだ~。

 2回線目に「UQでんきセット割」を適用させる手続きはたった2つだけ。頭では理解しているが、やってみると、トラブル可能性もあり最後の最後まで自力で、適用されているかどうかの確認を含めてやらないと、後で適用されていない料金の請求が上がってくるので注意しよう。

 今回、2回線目に「UQでんきセット割」を適用させるのに必要な手続きは「UQ家族割」グループの作成と親・子回線指定の設定の申し込み、それから、「申し込みフォーム」からのWEB申請の手続きだけなのだ~。

「UQ家族割」グループへ適用者を登録
親回線・子回線の指定を
契約者向け電話番号へかけて申し込む
営業時間9:00~20:00(年中無休)
※月末日の前後5日間は電話が大変混雑するぞ!

「UQ家族割」グループ作成後、最後に申請

 早速、UQmobileのサスタマーセンターを電話をかけ、「UQ家族割」を申し込みを依頼。本人契約2回線ということを説明し、グループの親・子の指定を伝え、無事手続きが終了した。

 念のため、UQmobileのマイページから「契約確認・変更」から「家族割親回線変更」を開いてみると・・・。

1回線目を親と2回線目を子と
指定したハズだが・・・

何と!「子回線が存在しません」の表記!

 オペミス発生か!?オペーターは契約1回線を親回線の手続きを申し込んだんだが、2回線目の子回線設定をし忘れている?

 これがあるから、ネットで申し込んだ際には、最後の最後まで自力で「確認」するまで気が抜けないのだ~。実店舗よりも、ネットで申し込んだ方がオトクで今回13,000円のキャッシュバックが付いていたが、トラブルを回避しないと、落とし穴に落ちる。

 UQmobile公式サイトで「UQ家族割グループ」へ加入しているかどうかを調べる方法が案内されているが、正常に親・子がグループ作成されていると、親回線のマイページから下記のように子回線の携帯番号が表示されるのだ。

 また、UQmobileカスタマーセンターへ電話をかけて、手続きをミスったことを伝え、2回線目を子回線指定し、UQでんきセット割「申し込みフォーム」から再申請をすることにしよう。

 そして、翌日の朝一にUQmobileカスタマーセンターへ電話をして、再度確認してもらったら、現在の状況は、申し込みを受け付けした段階で、「UQ家族割」グループの適用開始は受付した翌日1日から適用になり、親回線のマイページに「UQ家族割グループ」の子回線が表示されると案内された。

 しかし、その後10月になっても「家族割」適用表示がされないのだ~。もう、諦めかけていたが、今の親回線は来年解約予定にしたので、早目に「親回線」変更手続きを電話で申し込んだら、何と!当日中にキチンと表示されるようになったのだ~。

親回線変更を電話で申し込み
当日中に切り替わり表示されるようになった

 コレはきっと、システムの不具合か何かだろうな~。「povo2.0」のアプリのシステム不具合で大変なことになっている。auでのシステムの完成度や管理状況って結構、甘々なのだ~。

 とにかく、これでオレの所有するUQmobileの2回線は「UQでんきセット割」の手続きが無事完了し、来月から最強の維持費の月額料金になる。結構、手続きが面倒くさかったのだ~。

 そして、さらに、UQmobileは2021年9月2日から、新プラン「くりこしプラン +5G」へ新規申込受付から開始する。既存契約者はSIMの変更することなく、2021年11月頃から、新プランへ移行ができる。
 新プランが開始すると「増量オプションⅡ」月額税込550円が1年間無料になるキャンペーンがスタートするのだ。

 そうしたら、11月以降に新プランへ変更手続きをして「増量オプションⅡ」1年間無料を2回線に適用するのだ~。月3GBプランに2GB増量されるぞ~。