Xiaomi「Mi 11 Lite 5G」にハズレ有機ELディスプレイが日本市場に混入か!?

Xiaomi,スマホ

 Xiaomi 「Mi 11 Lite 5G」が爆売状態。市場想定価格43,800円が格安SIMのセールで激安価格で購入できるので、爆売を発生した模様。

 オレはXiaomiの虜になってしまったひとりなんだが、「Mi 11 Lite 5G」の衝撃の重量159gとFelica搭載でsnapdragon780Gを載せて日本市場へ爆売になった模様。

 しかしだ~、中華企業のもともと企業体質の問題点がXiaomiでも浮彫にされた。それは製造メーカー2種類の「ハズレ有機ELディスプライ」の問題。
 中華ならではの企業体質なのか、2つの製造元の異なるバージョンの有機ELディスプレイがあり、日本市場でも僅かであるが、「ハズレ」の製造元のバージョンがOCNモバイルONEから購入された「Mi 11 Lite 5G」で確認された。

 結構、有機ELの画面性能の差があって、「ハズレ」を引いた人は、同じ値段で購入したのに、もう残念と言うしか仕方ない。
 Xiaomiはグローバル企業で立派な企業とオレは思ってはいるが、中国では「アタリ有機EL」をサンプルスマホに店頭に掲げ、購入時には奥から「ハズレ有機EL」のスマホを販売するという悪行が今でも行われている。
 まさに、中国のことわざにある通り「羊頭狗肉」の悪行を行っているという噂なのだ。

 恐らく、この噂は本当だろう。まずは、日本市場向けへの「Mi 11 Lite 5G」への供給にあたり、こんなレベルの供給では日本市場を欺けないことを知らしめて、学習してもらう必要があると思う。

 オレはXiaomiに虜になってしまったひとりで、この問題があったとしても、Xiaomiを決して見放さない。むしろ、学習して育って欲しいのだ~。

 およそ、同じような悪癖はPC製品ではSSD製品で行われている。発売製品の詳細情報には仕様の変更可能性告知して、詳細はあまり明かさないでまずは、販売をスタートする。

 発売の初期製品に最新のユニットを搭載しSSDを市場へ投入する。その後、製品レビュー評価で認知された後に、最新のユニットの搭載を安価なユニットパーツへ変更し販売を続け、大きな利益を上げる商法。

 SSD業界では「Kingstone」が有名だ。こんなレベルで日本市場を取り込める訳がないのだ。

 ぜひ、Xiaomiには「日本の原爆投下」をイメージされる広告を撤回するだけでなく、真の意味で、日本の消費者を味方につけて欲しい。あえて、言わせてもらったのだよ~。

Xiaomi,スマホ

Posted by KEN