OCNモバイルONE「Xperia 10 IV」音声SIM契約でセール!本体税込44,900円 7月22日開始!

MVNO,OCNモバイルONE

 OCNモバイルONEは7月22日午前11時よりソニー「Xperia 10 IV」を通常販売価格本体税込55,869円を音声SIMを新規で契約すると、セール価格本体税込44,900円で販売する告知を発表した。

SONY「Xperia 10 IV」
通常販売価格税込55,869円
セール価格税込44,900円
2022年7月22日~8月19日まで
OCNモバイルONE 公式サイトへ

 「NTTレゾナント」全株式は株式会社NTTドコモ(以下 ドコモ)へ移管され、NTTレゾナントもドコモの完全子会社となった。OCNモバイルONEもコンシューマ向け事業は2022年7月にNTTレゾナントに移管された。

 その移管期間で大忙しだった模様で、しばらくの間、大型セールを実施していない。そして、7月下旬になってもOCNモバイルONEは、末端セールの1円セールの施策を開始されていない!

 巷ではキャリア販売の「iPhone」1円販売が問題視されている。MVNOのOCNモバイルONEはずーっとスマホセットセールでエントリークラスのアンドロイドスマホは本体税込1円セールを実施していたが、当面は実施しないのかもしれない。

過去のOCNモバイルONEの投稿記事
OCNモバイルONE | KEN (ken-blg.net)

 BIGLOBEモバイルは今年の2月末をもって、スマホセットセールは終了し、KDDIグループは恐らく「povo2.0」を看板にすることにした模様。

 そして、MNOの楽天モバイルも巨額の赤字を解消するために月1GB未満0円を廃止し、悲しいことにスマホセットの大幅割引もなくなってしまった。

 スマホセットセールを実施するMVNOについては、もう「IIJmio」と「OCNモバイルONE」の残り2社になってしまった~。「IIJmio」でも1円スマホが最低1,980円へ変更されている。

 IIJmioの大株主はNTT系なので、やっぱり、1円スマホセールの販売にはどうしても抵抗があり、最低1,980円としてきた模様。

 折しも、円安がグングンと続き、半導体供給不足もあいまって、中華スマホの販売価格がうなぎ上りに高騰している。

 もしかしたら、OCNモバイルONEのスマホセットセールの再スタートは当面の間はないのかもしれない。ここらで、旧機種のスマホセットをセールでゲッチュする時期にさしかかっているのかもしれない。

MVNO,OCNモバイルONE

Posted by KEN