povo2.0 期間限定 お試しトッピング1GB/30日間 税込499円 9月12日まで!

MNO,povo

 前回、期間限定でお試しトッピング1GB/30日間が実施されたが、好評で再度の実施が発表された。お試しの期間は2022年8月24日9:00~9月12日23:59まで。

期間限定 お試しトッピング
1GB/30日間 税込499円
2022年8月24日9:00~9月12日23:59まで
povo2.0 公式サイトへ

 お試しトッピングでも「長期間トッピング未購入180日間」による契約解除を免れる通常の対象トッピングと同じ扱いなる説明があった。

「長期間トッピング未購入180日間」の
利用停止・契約解除の対象外との記載

 KDDIの2022年7月2日に発生した通信障害の補償も一段落して、キャンペーンが再開された模様。ほとんど使っていないオレの「povo2.0」にもお詫びのギガのプロモコードが届いた。

 「povo2.0」の利用を眠らせている人は、この機会にちょっと利用してみるといかもしれない。

 また、同日に「残暑お見舞い大感謝祭」20GB以上の購入で25%増量+データ使い放題プレゼントのキャンペーンも2022年9月22日までとしていたが、後日、10月16日まで延長さが発表された。

残暑お見舞い大感謝祭
2022年8月24日~10月16日までに延長
20GB以上購入で25%増量+データ使い放題プレゼント
povo2.0 キャンペーンサイトへ

 各キャリアの新ブランド「ahamo」、「povo2.0」、「LINEMO」の中で一番通信速度が遅いのは実は「povo2.0」なのだ。上りの通信速度も遅く、およそ5Mbps前後で、下りの通信速度が平日昼12時台で5Mpbs前後へ落ち込むこともある。

「povo2.0」についてはキャリアauと通信速度は同等でない。UQmobileよりも通信速度が全体的に遅く、通信制限を設けている模様なのだ~。

 KDDI系格安SIMのau回線の通信速度は全体的に利用者数が少ないので、全時間帯について安定はしているものの、どうしてもトップスピードが遅い。ただし、平日昼12時台では利用者数が少ないので、ドコモ系格安SIMよりも混雑時間帯が短く、速度復帰が割と早い傾向になる。格安SIMのau回線はその点で、楽天モバイルの通信速度と全体的に似た感じになっている。

 そして、肝心なKDDIの電波波強度も弱く、オレの自宅、勤務先など移動して毎回チェックしているが、アンテナピクトの本数がフルに立つことが少ない。プラチナバンド帯で広域をカバーしているのではないかと推測している。

 それに対して、「ahamo」と「LINEMO」はキャリア並みの爆速の通信速度になっている。通信速度が安定して速いので、コスパで言えば「LINEMO」が絶対にオススメだ。

 オレは「LINEMO」を1年間利用して、とても快適だったので、つい最近に楽天モバイルのメイン回線を「LINEMO」へ乗り換えた。通信速度・通信品質が最高クラスで快適なのだ~。今なら、「月額基本料半年間実質無料キャンペーン」も実施中~!

 まあ、使わなければ「povo2.0」が最強の維持費になるが、180日間以内に有料トッピングをしないと、携帯回線自体がなくなってしまうという恐ろしい仕様をしっかりと理解した上で、契約する必要がある。

 「povo2.0」の利用の詳細については、下記の投稿で力説してあるのでご参考にされたし。

MNO,povo

Posted by KEN