「楽天UN-LIMIT VI」 契約は別途スマホを用意した方が安い!

MNO,Rakuten UN-LIMIT

 Rakuten UN-LIMIT VIの「他社からのMNPでSIMのみ契約」20,000P還元がスタートした。
 スマホセットなら間違いなく「Rakuten Hand」で契約したいところだが、大人気のため、もう4月からずーっと、完売状態が続いている。

Rakuten Handのスマホセットなら
本体0円+4,999P還元!
ただし、ずーっと「入荷待ち状態」
楽天モバイル「Rakuten Hand」のサイトへ

 Rakuten UN-LIMIT VIに対応しているスマホセットで契約するのが最も安全なんだが、現在、昨年よりもスマホセットの実質購入価格が割高になっている!
 今、実質税込10,000円を切るスマホセットは楽天製品の「Rakuten Mini」と「Rakuten Hand」を除くと、アンドロイドスマホはたったの3機種しかない。

OPPO A73
実質税込5,800円

Galaxy A7
実質税込8,700円

Xperia Ace
実質税込9,800円

 実際、お金を支払ってまで「Rakuten UN-LIMIT VI」専用のスマホを用意しなければならない。
 キャリアをずっと利用し続けてきた特に不満もない人たちには、わざわざお金を支払ってまで、「Rakuten UN-LIMIT VI」を契約したいとは思わないだろう。

 「Rakuten UN-LIMIT VI」は、対応したスマホを用意しないと利用ができない点が乗り換えのハードルを高くしている。

 そこで、今回紹介したいのは「Rakuten UN-LIMIT VI」に対応したSIMフリーの「中古スマホ」を別途購入し、MNP転入でSIMのみ契約で20,000P還元をもらうという方法。

Huawei P30 lite SIMフリー版
販売数が圧倒的に多いので
中古の在庫数も多い
中古スマホの「イオシス」販売サイト

「Rakuten Hand」はここに山のようにあった!

 イオシスに「Rakuten Hand」が集結していた。現在の在庫数は何と!133個。中古Aランクが税込13,800円、Bランクが税込11,800円、Cランクが税込8,980円になっている。
 中古Aランクで楽天モバイルのeSIMのみで20,000P還元を受ければ、プラス6,200円!

 ただし、「Rakuten Hand」はeSIMの1つだけ、メイン携帯番号をMNPするのには抵抗がある。サブの予備の携帯番号を持っていればMNPして、かけ放題専用の音声通話スマホの利用がベストだろう。

 オススメはやっぱり、『SIMフリーのDSDV対応のスマホ』なのだ。

 今オレがメインで使用しているHuawei 「P30 lite」は、SIMフリー、DSDV対応で、すべてのキャリアに対応している逸品。

 「P30 lite」は薄くて軽く、カメラ性能が割といい。基本的にサクサク動作するので、今でも現役だ。楽天UN-LIMIT VIの自社回線の電波をアンテナピクト2本くらいまで、ギリギリまで掴んでくれる頼もしいヤツなのだ。au回線との自動切換えに完全対応している。中古Aランクで税込17,800円、中古Cランクなら税込12,800円でゲッチュできる。

 オレは「P30 lite」で、メイン携帯番号をRakuten UN-LIMIT VI、UQmobileの携帯番号をサブにした。これなら、最悪、楽天の電波が届かない場所でも、UQmobile側のデータ通信でRakuten Linkへメイン携帯番号の着信も受けられる。

 次にオススメなのは「Redmi Note 9s」なんだが、どの販売サイトも終売で、大人気のため「イオシス」でも在庫数が少なく、価格が高い。

 つまりだ~、楽天モバイルでSIMのみMNPの20,000P還元を受けて、SIMフリー版の中古の「P30 lite」をイオシスで買って、ポイント分でプラス収支にするのだ。

 実際、オレは「Rakuten UN-LIMIT VI」を契約する際はSIMのみ契約で、別途、SIMフリー、DSDV対応のスマホを別途用意した。

 OCNモバイルONEで「nova lite 3」、BIGLOBEモバイルで「P30 lite」、「ひかりTVショッピング」で「Redmi Note 9S」を購入し、「Rakuten UN-LIMIT VI」のSIMと他社のMVNOのSIMを2枚刺しで使っている。

 あまり大きな声で言えんが、OCNモバイルONEで新規携帯番号契約で1円のDSDV対応のスマフォセットをゲットし、別に、Rakuten UN-LIMIT VIでメイン携帯番号をMNPでSIMのみ20,000P還元をもらい、OCNモバイルONEとRakuten UN-LIMIT VIを2枚刺し。(コレ最強!ナイショ・・・)。

 サブブランドの「UQmobile」「Y!mobile」を除き、MVNO(格安SIM)で販売されているスマホはMVNO版といって、SIMフリーとなっているので、「Rakuten UN-LIMIT VI」が使用できるものが多い。
※詳細の確認は楽天モバイルの「対応製品」サイトで必ずチェックしておこう

 以上が今、楽天モバイルのお得な契約の方法、これもありかなって思っている。
 そして「楽天モバイル」UN-LIMIT VIを初めて契約する人は、下の『別枠のエントリー特典』も用意されているので、プラスポイントをもらい損ねないようにチェックしておこう!

この際、楽天モバイルと一緒に「楽天ひかり」を契約してしまえば、1年無料になる~!

楽天モバイル公式サイトへ

【他のポイント還元キャンペーン】
1.「初めてサービスを利用で1,000P還元」のサイトへ
2.「楽天会員ランク別 楽天優待」
ア.「ゴールド会員」エントリーサイト
イ.「プラチナ会員」エントリーサイトへ
ウ.「ダイヤモンド会員」エントリーサイトへ

3.「楽天カード利用者限定」のポイント還元のサイト(要ログイン)へ
4.「楽天市場でお買い物された方」1,000ポイント」
5.「楽天銀行口座をお持ちのお客様限定」2,000ポイント
6.「楽天証券口座をお持ちのお客様限定」2,000ポイント