ドコモでんき 2022年3月1日開始!「先行予約キャンペーン」で5,000Pもらえる!

ahamo,新電力

 ドコモが新電力サービスを2022年3月1日より提供を開始すると12月23日に発表!

 供給元はNTTグループ内の「NTTアノードエナジー」で、 2種類のプランの「ドコモでんき Green」と「ドコモでんき Basic」を用意する。

ドコモでんきは2種類
ドコモでんき 公式サイトへ

 ドコモでんき「Green」は再生可能エネルギー由来のCO2フリーの電気でクレジットカードの「dカード GOLD会員」を所有し、ドコモ携帯契約の人はポイント還元率が10%還元に設定されている。年会費無料の「dカード」所有者しドコモ携帯契約の人は5%還元に落ちる。

 一方、ドコモでんき「Basic」は、誰でもdポイントのアカウントを所有している人への一般向けのプラン。キャリアのドコモ携帯との契約がない人は、こちらのタイプになるだろう。

 今回の嬉しいポイントは「ahamo」契約者もキャリアと同等の恩恵を受けられること。少しづつ今年一番の新プラン一強の「ahamo」の牙城の砦を盤石にする体制を敷きつつある。

ドコモでんき
2種類の電気料金とポイント還元率
「ahamo」もキャリアドコモと同等の還元率

 なので、ドコモの契約のない人のほとんどはドコモでんき「Basic」を申し込むことになるだろう。

ほとんどの人は
ドコモでんき Basicの契約がベストになる

 今回の「ドコモでんき」の人気は「ahamo」契約者へは朗報となっている。「ahamo」を契約して、併せて「ドコモでんき」契約をするのがベストになるだろう。

 オレはUQmobileユーザーなので、現在「UQでんき」のサービス提供開始から申し込み利用している。ココで還元率についてちょっとした勘違いが起こっていた。

UQでんき 2021年10月分明細
支払額税込4,364円
ポイント還元対象は税抜3,771円

 ちょっとした勘違いはポイント還元の対象の電気料金なのだ~。ドコモでんきも同じだが、電気料金の支払いの内訳は「電気料金(基本料金+使用電気量料金)」、「燃料費調整額」、「再エネ発電賦課金」に消費税10%が加算されて決まる。

 その内訳の中の「電気料金(基本料金+使用電気量料金)」のみがポイント還元対象になっているのだ。しかも、税別の料金がポイント還元される仕組みになっているので、電気料金の支払額でないことに、オレはずーっとは気づかなかった~。

UQでんき 2021年8月分明細
支払額税込6,273円
ポイント還元対象は税抜5,649円

 つまりだ~、オレの場合は夏のエアコン稼働時にしか「UQでんき」5,000円以上が3%ポイント還元対象にしかならず、5,000円未満の夏以外ではほとんど1%還元しかなかったのだ~。

UQでんき(auでんき)
Pontaポイント還元率

 直近の10月分の「電気料金(基本料金+使用電気量料金)」の税抜き額は3,771円なので1%のPontaポイント還元は、たったの38ポイントしかなかったのだ~。

10月分還元38Pは12月11日付与

 ただし、「UQでんき(auでんき)」は「自宅セット割」でUQmobileの月額料金割引が大きいので、UQmobileユーザーなら、断然、ドコモでんきよりも還元率が高い。

UQmobileユーザーなら
「自宅セット割」の「auでんき」が
圧倒的に割引率が高い!
UQmobileオンラインショップへ

 ただし、携帯の乗り換えもそうなんだが、1年ごとに乗り換えると乗り換え時の還元という施策が非常に大きく、同じように新電力の「でんき」サービスも乗り換えをすると、トータルで安くなるようになっているのだ~。どうしよう?「ドコモでんき」・・・。

ドコモでんき
先行予約キャンペーン!
2022年1月12日受付開始!
締切2月28日まで
「ドコモでんき」サイトへ