ドコモでんき エコノミーMVNO「OCNモバイルONE」契約者は還元率がアップ!

OCNモバイルONE,新電力

 NTTドコモは2022年3月1日より新電力プランへの提供をスタートさせている。供給元はNTTグループ内の「NTTアノードエナジー」で、 2種類のプランの「ドコモでんき Green」と「ドコモでんき Basic」を提供している。

 そして、「ドコモでんき」はエコノミーMVNOの「OCNモバイルONE」を契約している人向けにdポイント還元率をアップさせることをアナウンスした。

 従来は、OCNモバイルONEを契約している人向けにはメリットはなく、回線契約をしていない人と同等の還元率だったが、コレを2022年9月14日より、「ドコモでんきGreen」では従来の3%還元から、docomo・ahamo契約者と同じ扱いに昇格させた。「dカードGOLD」利用者なら10%還元、「dカードGOLD」以外の利用者なら5%還元へアップする。

 さらに、「ドコモBasic」についても、上記と同じように、回線契約なしと同じ2%還元から、同じくdocomo・ahamo契約者と同じ3%還元へアップさせた。

ドコモでんき エコノミーMVNO
OCNモバイルONE契約者へ
docomo・ahamo契約者と同じ還元率へアップ
2022年9月14日より登録受付開始
OCNモバイルONE「ドコモでんき」サイトへ
ドコモでんきGreen 最大10%dポイント還元へ
ドコモでんきBasic 最大3%dポイント還元へ
ドコモでんきは2種類
ドコモでんき 公式サイトへ

 現在の円安・エネルギー供給の高騰を受けても、還元率をアップさせられるのは大資本のドコモパワーだからだろう。いや、契約者数が少ないので、大きな負担にはならないと判断したと、オレは推察している。

 ほとんどの人は割安な「ドコモでんきBasic」を契約すると思うが、まだまだ「ドコモでんき」はキャリアの中で後発で新電力をスタートしたばかりで、契約時の還元キャンペーン施策が弱い。

 ただし、現在、エネルギーが高騰している中、多くの新電力提供企業が「燃料費調整費の上限設定の廃止」を次々に発表しているが、「ドコモでんき」だけは、まだ「燃料費調整費の上限設定の廃止」を発表していない。大手電力会社(東京電力など)よりも「実質的に電気代が2.7%」安くなる。

追記:2022年9月30日「ドコモでんき」も燃料費調整額の上限の撤廃を発表した。そして、2022年11月8日付けで「ドコモでんき」の2種類のプランの新規申込の受付を一時中止した。

2022年9月30日発表
燃料費調整額の上限撤廃を2022年12月分以降の検針より開始
ドコモでんきの発表サイトへ

 オレは今年の3月にKDDIの「auでんき」からソフトバンクの「おうちでんき」に乗り換えて、契約時に、やっぱりポイントサイトで12,000円相当還元、契約後2カ月間電気代全額無料の大型キャンペーン参戦して大満足だったのだ。古株のソフトバンクの「おうちでんき」は春でも大還元をしていたぞ~。そして「Y!mobile」2回線をそれぞれ月額税込110円割引のでんきセット割の適用で運用している~。

電気の品質を変えることなく、ポイントでもっとおトクに。 ドコモでんき Basicと、ドコモでんき Green。 2つのプランで、暮らしにも地球にもうれしい電気をお届けします。