PayPayほけん「コロナお見舞い金」保険料値上げ!2022年2月10日

生活・節約術

 全国のコロナ感染者数増加により、各社の少額短期保険(ミニ保険)の保険料の改定で値上げが実施されている。

 第一スマートほけん「コロナminiサポほけん」は2022年3月1日の3カ月更新時(今から申し込む人)から前回の保険料税込890円から税込3,840円へ大幅値上げされた。

 そして、「PayPayほけん」も、とうとう2月10日に保険料改定を発表。3カ月コースの保険料を税込500円から税込1,500円へ改訂し値上した。

大人気の「PayPayほけん」
働く人が契約可能
※主婦・主夫の方、育休・産休中の方は契約不可

コロナお見舞い金
3カ月税込1,500円へ値上げ
PayPayからのお知らせサイトへ
2022年2月1日現在
加入件数累計20万件突破!

 先月にオレは第一スマートほけん「コロナminiサポほけん」に加入しておいて良かった~。こちらは、3カ月自動更新の契約で、「PayPayほけん」は事前に契約期間を選んで申し込むタイプ。

 ただし、「PayPayほけん」のコロナお見舞い金の保険は3カ月契約だと、実質保険適用期間が短くなるケースが発生するので、今から申し込むのなら、6カ月以上をオススメする。

「PayPayほけん コロナお見舞金」
約1か月半の補償期間になるケースもあり

 オレの勤め先ではコロナに感染し自宅療養した際、勤務予定の賃金は企業側からの補償が一切ない。社会保険の適用を受け、賃金の約6割の補償適用で凌ぐしかない。正直、自宅療養で、これだけじゃ、足りんのだ~。

 なので、安心のためオレはコロナ感染の拡大が収まるまで少額短期保険(ミニ保険)に加入することにした。「コロナminiサポほけん」の次回の更新日は2022年5月1日。

 もしコロナ感染者数が大幅に減少したら、4月末にアプリから解約手続きも簡単にできる。ただ、安心のための保険なので更新時の保険料次第で継続することにしている。

 もし、コロナに感染してしまい、勤務先の補償がない人、オレのように生活がギリギリの人にとっては「備えあれば憂いなし」、とても有難いのだ~。

生活・節約術

Posted by KEN