IP電話とVoIP電話は通話料金が激安!

IP電話・固定電話

 オレはもう数年前からIP電話を利用して音声通話を利用しているが、ほとんど電話をかけないので、音声通話の年間利用料金は1,000円も達しないのだ~。
 今回、お届けするお得情報は「音声通話」のIP電話(VoIP電話)なのだ~。

 IP電話には050で始まる発信と着信が可能なNTTコミュニケーションズの「050 Plus」などがある。他に、発信専用のVoIP電話の「ViberOut」や「LINEOut」がある。
IP電話の「050 plus」
月額税込330円
OCNモバイルONE契約者なら月額税込165円

050 plus公式サイトへ

 オレはほとんど音声通話は利用しないので、月額基本料の楽天モバイルの「SMARTalk」を契約し、3回線のIP電話を今でも所有している。

 ただし、悲しいことに楽天モバイルは自社のRakuten UN-LIMIT VIの契約に付帯する無料通話の「Rakuten Link」のサービス提供を基軸にしており、2020年10月8日より「SMARTalk」の新規申込受付を終了してしまった。

楽天モバイルが提供するIP電話
月額基本料0円の「SMARTalk」
「SMARTalk」公式サイトへ

 今から契約するなら「050 plus」がオススメだ。音声通話は一体どれくらいなのかを見てみよう。

「050 plus」音声通話料金

「050 plus」からの発信の料金

 一般的なキャリアからの発信料金は税込22円/30秒の一律になっているが、「050 plus」は固定電話への発信と携帯電話への発信では料金が異なり、圧倒的に固定電話への発信が安いのだ~。

 固定電話への発信料金はたったの税込8.8円/3分(約2.93円/分:約1.47円/30秒)、実にキャリアの音声通話料金の約1/15になってしまう。携帯へ発信しても、税込17.6円/分(8.8円/30秒)!

固定電話(NTT東西日本)から「050 plus」への発信の料金

 また、固定電話(NTT東西日本)からキャリアへの音声通話料金は2021年10月1日より、統一され、値下げされたが、それでも、税込17.6円/分の音声通話料金がかかる。

 コレが固定電話から「050 plus」へ発信すると、税込11.88円/3分(3.96円/分)とキャリアへの現在の音声通話料金の約1/4以下になってしまう。

「050 plus」同士の通話なら無料

 「050 plus」を2回線を契約して、各スマホへインストールしてしまえば「050 plus」間の音声通話料は0円!なのでオレは「SMARTalk」間での通話料を無料にする目的で3回線契約をしたのだった。

留守番電話が無料!

 さらに、050IP電話は一般的に「留守番電話」の利用料は無料になっている。ただし、「050 plus」については、「転送電話」の利用はできない。
 オレの契約している「SMARTalk」は「転送電話」にも対応しているので、着信をメインの携帯番号へ転送設定して、050IP電話の着信を損ねないようにしていた。
 また、逆に、複数のMVNOの音声SIMを契約しているので、コレを「SMARTalk」へ転送設定して、無料で留守番電話を利用することもあった。
 着信や留守番電話メッセージがあると音声ファイルにてメールが届くので「SMARTalk」はとても便利なのだ~。
 ただ、「楽天UN-LIMIT VI」は留守番電話が無料で利用できるので、最近はこちらに転送設定が可能なMVNOの回線の着信は「楽天UN-LIMIT VI」へ転送設定している。

「050 plus」はナビダイヤル・フリーダイヤルの利用が可能

 さらに、フリーダイヤルやナビダイヤルは、NTTコミュニケーションズが提供しているので、「050 plus」はコレも利用できるスグレものなのだ~。※ただし、企業が「050 plus」からの着信を拒否する契約をしていると利用ができない

「050 plus」はナビ・フリーダイヤル提供の
NTTコミュニケーションズ
利用が可能なケースもあり

 世間から不評のナビダイヤル0570は携帯電話から税込11円/20秒が発生するが、「050 plus」で発信すれば、固定電話への発信料金と同じ税込8.8円/3分で済んでしまう。

発信専用のVoIP電話は激安!

 次に、紹介するのは発信専用のVoIP電話。国際電話網を利用したサービスなので、キャリア携帯への発信の際には電話番号が基本的に、非通知になる。※ただし、一部の中華スマホやキャリアによっては、番号通知がされるケースもあり

有名なLINEアプリ
LINEOutはVoIP電話
広告表示で無料通話が可能
固定電話3分/携帯電話2分


LINEOut料金
楽天が提供するVoIP電話
「ViberOut」
プリペイドチャージ式


ViberOut料金

 ちなみに、オレは「ViberOut」をメインで利用しているが、「LINEOut」なら短い通話なら固定電話3分まで、携帯電話2分まで広告表示で通話料無料で利用ができる。

 ちなみに、IP電話はデータ通信を利用した音声通話になるので、通信品質(パケットロスやPING値)に大きく左右される。

 通信品質が低い格安SIMを使い、通話をするとプツプツと途切れたり、音声のやりとりに遅延が発生したりする。

 また、プッシュ機能で着信を取り損ねたりもするが、最近の格安SIMの通信品質は格段に向上しているので、IP電話を使用しても、スムースでクリアに聞こえるので、きっと驚くに違いない。

 キャリアの音声通話も「かけ放題」プランが安くはなったが、まだまだIP電話の通話料金の安さには敵わないのだ~。