携帯キャリアの新電力が政府の「電気・ガス価格激変緩和対策事業」へ採択が完了!

新電力

 携帯キャリア(NTTドコモ・KDDI・ソフトバンク)が提供する各新電力が、ようやく政府の実施する「電気・ガス価格激変緩和対策事業」へ採択の完了を確認した。これにより、2023年1月~9月までの間、電気料金の値引きが実施されることとなった。

政府の「電気・ガス価格激変緩和対策事業」へ
ソフトバンク・au・NTTドコモの3社が採択へ
SBパワーHPサイトへ

 オレは「ソフトバンク」のおうちでんきを契約していたが、あまりにも採択が遅かった(申請が遅かったのだろう)ので、すでに「auでんき」への出戻り契約を済ませた。ソフトバンクからの告知もいまだない~。広報の対応が遅すぎる~。

 まあ、電力会社のほぼすべてが採択される模様で、2023年1月分~8月分までが1kWhあたり7円の値引き、2023年9月分のみ3.5円の値引きになる。夏場のエアコン代に相当コストダウンが図れるかもしれない。

経済産業省資源エネルギー庁の特設サイトへ

政府産業省資源エネルギー庁サイトから引用

 「auでんき」を出戻り契約をして早ければ2月から運用が開始する。UQmobileの割引と使用した電気料金に応じてPontaポイントが還元されるので、どうにか「東京電力」くらいの料金にはなるだろう。

「auでんき」ポイント還元率

 まあ、オレの場合はひとり暮らしで春・秋の電気の使用量は150kWhくらいなので、あまり値上げ・値下げ割引額の影響は少ないが、夏場のエアコン代だけは毎年7,000円くらいはかかってしまう。政府の実施する値引きがなければ1万円超えは確実だったので、とても助かるのだ~。

新電力

Posted by KEN