イオンモバイル「シェアプラン」docomo回線とau回線の併用が可能!

MVNO,イオンモバイル

 2022年7月2日の深夜よりKDDIの通信障害が、ずーっと続いている。オレは7月1日に楽天モバイルのMNP転出予約を発行し「povo2.0」へMNP転入する予定にしていた。

 しかしだ~、今回、急遽、MNP先を変更して、ソフトバンクの「LINEMO」へ切り替えて申し込み手続きを完了した。

 今回、お届けする内容は、大規模なキャリアの通信障害に備え、マルチキャリアの契約で最安で運用する方法を紹介する。

イオンモバイルのシェアプラン
「タイプ1」ドコモ回線とau回線の併用が可能!

1GBプランが2022年5月12日より新設された
1GBシェアプラン月額税込1,188円
イオンモバイル 1GBプラン提供開始のお知らせサイトへ

 もう、タイトルでもお分かりの通り、「イオンモバイル」のタイプ1のシェアプランを契約して、回線種別をdocomo回線とau回線の2種類を申し込みするだけなのだ~。

 イオンモバイルの「タイプ1」はIIJが回線を提供しており、本家のIIJmioでもdocomo回線とau回線のマルチキャリアの契約が可能。

 ただし、現在のギガプランでもシェアをするには音声SIMを2回線を契約しなければならない。音声SIMを2回線契約すると、2GBプラン月額税込850円×2回線=税込1,700円の維持費がかかる。

 イオンモバイルの「シェアプラン」なら音声SIMの1回線にデータSIM無料2枚分がつき、下記の料金で維持ができる!2枚目と3枚目を音声SIMにするなら1枚につき税込220円を加えた料金で維持が可能!

 音声SIMをdocomo回線とau回線の2枚の運用が月1GBなら月額税込1,188円+220円=1,408円で維持が可能なのだ~!音声SIM3枚でも1GBプランなら税込たったの1,628円!

シェア音声プラン
1GBシェアプラン月額税込1,188円
データSIM2枚まで無料
イオンモバイル 公式サイトへ

シェアプランの追加料金

 イオンモバイルの公式サイトで、このメリットを宣伝していないのが不思議だ。この異なる2つのキャリアのシェアプランの提供はau回線の取扱いを開始した2018年3月1日の当初から可能だったのだ~。

イオンモバイルのau回線提供開始のお知らせサイト

 今回、オレがソフトバンクの「LINEMO」の契約をした理由は、ソフトバンク回線の音声SIMを提供しているMVNOは「mineo」と「NUROモバイル」、「b-mobile(日本通信)」しかなく、圧倒的に平日昼12時台を快適に利用するには「Y!mobile」か「LINEMO」しかないからなのだ~。

 イオンモバイルのタイプ1の通信速度はau回線の方が、IIJmioと同じく平日昼12時台の通信速度の低下がしにくい。情報がちょっと古いが、イオンモバイルの公式サイトで2021年に計測した平日と休日のサイトを参照するといいのだ~。

 もし、イオンモバイルの契約をご検討されている方がいらっしゃいましたら、ぜひ、下記の紹介キャンペーンの紹介コードをご利用くださいませ~。WAONポイント1,000ptがもらえます。紹介コードは1度しか利用できません。ご利用頂いた際には、掲載を取り下げますので、必ずコメントをお願いします。

紹介コード:A0826473076
紹介コード:A7200716855

MVNO,イオンモバイル

Posted by KEN